Doorkeeper

Oracle Groundbreakers Japan Tour in Kumamoto

2019-05-23(木)18:30 - 21:00

BBSアウトソーシング熊本

熊本県熊本市中央区水道町7−16

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

10人の参加者

すべて見る

詳細

概要

このイベントは"Oracle Groundbreakers Japan Tour"の1つです。

数年前から、"Oracle Dev Japan Tour"、"NightHacking Tour in Japan"という名前で開催してきた、Stephen ChinさんとSebastian Daschnerさんの2人が日本全国のJavaコミュニティをバイクで訪れてセミナーを開催し回るツアーが、今年も"Oracle Groundbreakers Japan Tour"として開催されます!

Oracle Groundbreakers Japan Tour Participants

Oracle Groundbreakers Japan Tour紹介動画

アジェンダ

18:00 から開場します。

Session 0 「今回の前提知識について」

18:30-19:00 講師:久保智
セッション概要:
今回のセッション内容について、前提知識がないとついていけないと思われるものがあります。
そちらについて事前にサポートします。
内容について事前に相談があればお問い合わせから投げてください。
https://kumamotojava.doorkeeper.jp/contact/new
(こちらのセッションについては参加者の希望が少なければキャンセルされることがあります)

19:00 オープニング: 熊本Javaユーザグループ

19:05-19:35 Session 1 「Javaの最近のWebフレームワークの話」

講師:きしだなおき
セッション概要:
最近はJava EEがJakarta EEになったりMicronautが出たりQuarkusがでたりJavaのWebフレームワークまわりがにぎやかになっています。このセッションでは、JavaのWebフレームワークの現状やそれをとりまく環境の変化についてお話しします。

19:35-20:05 Session 2「Integration tests & containers」

講師:Ixchel Ruiz, Java Champion and Oracle Groundbreaker Ambassador
セッション概要:
私たちは開発やデプロイにおけるコンテナの利点を理解しています。例えば、コンテナはターゲットの環境を考慮する必要なくかつ一貫した、容易なアプリケーションのデプロイを実現できます。また、開発者がアプリケーションロジックや依存性にフォーカスするためのクリーンな隔絶を実現します。このセッションではいくつかのサンプルを用いて統合テストフェーズにおけるコンテナの活用について紹介して行きます。デモアプリケーションを見ていただきながら、これらの説明を進めます。まさに今、すぐに使えるテクノロジーの紹介です!

20:10-20:40 Session 3 「より生産性高い開発プロセスを目指して 」

講師:Sebastian Daschner, Java Champion
セッション概要:
我々開発者はコードを書くことや問題解決のための議論を好みます。しかし、作法が固定されたような、あるいは繰り返しのタスク、特に非常に時間のかかるリコンパイルやビルド、テストなどはとても嫌います。我々の日々の作業は多くの小さな「生産性を落とす」障壁となる要素によってあまり楽しくないものになっています。どうすればコーディングの楽しい面をもっとエンジョイできるようになるでしょう?このセッションは開発ワークフローにおいて高い生産性を実現するアプローチと技術を紹介します。ビルドツール、IDE、テストのベストプラクティスなどが含まれます。またセッションはいくつかのデモンストレーションを実行しながら進めていきます。

20:40-21:10 Panel Discussion「成功するJavaユーザグループの作り方」

パネラー:
Mattias Karlsson, Java Champion and Founder of JFolkus
Kirk Pepperdine, Java Champion and Oracle Groundbreaker Ambassador
Nikhil Nanivadekar, Java Champion and Oracle Groundbreaker Ambassador
Fernando Babadopulos, Java Champion and Co-Founder at http://tail.digital
パネルテーマ:
現在全世界で300を超えるJavaユーザグループが活動しています。世界には大小様々なJavaコミュニティが活動していますが、長期にわたってコンスタントに活動し、成果をあげ続けるにはどうしたら良いのでしょうか。このセッションでは、パネラーがどうやってその土地のコミュニティメンバーを獲得し、定常的に数十人、数百人が参加する活動するに至ったかを聞いていきます。世界各地でどんなコミュニティ活動が行われているのかを直接聞くことができる貴重な機会です!

21:10 終了・クロージング熊本Javaユーザグループ

会場

熊本県熊本市中央区水道町7−16富士水道町ビル 9F BBSアウトソーシング熊本内会議室

時間によってはビルが閉まっている場合があります。閉まっている場合は右手の三菱UFJモルガンスタンレー証券の裏側にまわっていただき、駐車場内のドアから内側にお入りください。
ストリートビュー的には以下の止マレの奥あたりになります。
https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92860-0844+%E7%86%8A%E6%9C%AC%E7%9C%8C%E7%86%8A%E6%9C%AC%E5%B8%82%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%8C%BA%E6%B0%B4%E9%81%93%E7%94%BA%EF%BC%97%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%96+%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E6%B0%B4%E9%81%93%E7%94%BA%E3%83%93%E3%83%AB/@32.8024182,130.7139638,3a,75y,297.36h,78.07t/data=!3m6!1e1!3m4!1sB3ddqCFPOmJ35gV8uzDPuA!2e0!7i13312!8i6656!4m5!3m4!1s0x3540f40a2edc559d:0xa7eed210b9b10e4d!8m2!3d32.8024176!4d130.7137578

もしくは、迎えに行きますので時間に遅れそうな場合は下の問い合わせからご連絡ください。

注意事項

  • 開場は18:00からです。ちょっと遅れたらごめんなさい。

問い合わせ

熊本Javaユーザーグループ
https://kumamotojava.doorkeeper.jp/contact/new


同時期に行われるJavaのイベントの一覧

【Oracle Groundbreakers Japan Tour 2019】
5/15(wed) Sapporo #JavaDo https://javado.connpass.com/event/127518/
5/16(thu) Sendai https://connpass.com/event/126966/
5/17(fri) Oracle Code Tokyo 2019 #codetokyo19 https://www.oracle.co.jp/events/code/2019/
5/18(sat) JJUG CCC 2019 Spring #JJUG_CCC http://www.java-users.jp/ccc2019spring/#/
5/20(mon) Nagoya #nagoya_jug https://ngo-java.connpass.com/event/127654/
5/21(tue) Osaka #kanjava https://kanjava.connpass.com/event/128955/
5/29(wed) Okayama https://okajug.doorkeeper.jp/events/91026

コミュニティについて

熊本Java勉強会

熊本Java勉強会

熊本で行うJavaの勉強会です。 原則二週に一回水曜日19:00~21:00に行う予定です。 一人で勉強してても飽きるのでみんなで勉強しませんか?

メンバーになる